心がけ1つで腰痛が楽になる

腰痛が和らぐコルセットの選び方

腰痛がある時、腰痛改善や腰の保護のためにコルセットを利用することがあります。コルセット等は腰痛を根本的に治すものではありませんが、痛みの緩和に役立ちます。種類や選び方について説明します。

腰痛ベルトとコルセット

腰痛ベルトとコルセットは同じものと思われがちですが、実は同じではありません。一般に市販されているものを腰痛ベルトといいます。素材はゴムや一部分にゴムを用いた伸縮素材などでできています。

コルセットは整形外科などの医療機関で多く用いられており、腰痛ベルトなどよりも高価です。軟性ものと硬性のコルセットがあり、軟性のものはギックリ腰や椎間板ヘルニアなどで痛みが強い時に使用します。

硬性のものはプラスチックや金属などで出来ていて、外科の治療用として、圧迫骨折などの手術後に腰椎を固定するために用いられます。

軟性コルセット、腰痛ベルトの選び方

硬性コルセットは医師にお願いするので、ここではその他のものについてみてみましょう。いずれの場合も、しっかりと腹圧で固定できる、日常生活を妨げない、ずれにくい、通気性が良い、自分のサイズに合っているということを中心に選びましょう。

腰痛ベルトには一段式と二段式があります。骨盤より上の痛みには幅広の腰痛ベルト、骨盤より下には幅の狭い骨盤ベルトが良いようですが、迷ったら二部式のものの方がずれにくく、両方の症状に使えて便利です。

予防に使う場合の注意

介護の仕事や力仕事などで、普段腰に不安を抱えている人が、予防として腰痛ベルトなどを使う場合は、つけっぱなしにしないようにしましょう。常に使っていると筋力が弱ってしまい、かえって腰痛の原因になるので注意が必要です。