心がけ1つで腰痛が楽になる

腰痛は漢方で治せる?

慢性の腰痛で痛み止めを長く服用すると、胃痛や吐き気などの副作用が表れる場合があり、長期服用には適していません。そんな時に副作用が少なくて、体にもやさしく作用する漢方薬を考えてみましょう。

東洋医学について

東洋医学では経絡(けいらく)という道のようなものを通って、気や血などのエネルギーや栄養を全身に運ぶといわれています。腰部の経絡の流れに支障が起こることで腰痛が起こるとされており、次の3つの原因が考えられています。


・腎虚...加齢、ストレス、過労などが原因で、腎臓、泌尿器、生殖器などの衰えにより、腰の部分に十分な気が行き届かないという考えで、慢性腰痛や体を動かしたときの腰痛、下肢のだるさを引き起こすというものです。


・血(けつ)...ストレス、イライラ、脂肪分の多い食事が原因で、血がドロドロになり、滞ってしまうというものです。この腰痛は起きた時に痛みが増して、動いていると楽になるのが特徴です。また、女性は生理痛や便秘、肌のくすみなどを伴うこともあります。


・寒湿...冷え、湿気などの邪気が体に入ることが原因で血流が悪くなり、水分の代謝も悪くなり腰痛を引き起こすというものです。特徴はお腹、手足の冷えがみられ、また、足のむくみも伴うことがあります。


自分がどの症状に近いのかということを見極めて、漢方薬を選ぶと良いでしょう。

注意点

漢方薬は効き目が穏やかで、長期服用も可能です。しかし、まったく副作用がないというわけではありません。変だなと感じたら、すぐに服用を中止して専門医に相談しましょう。違う漢方薬に変えることで改善することもあります。

漢方薬が合っていると感じたら、しばらく続けて様子をみてみましょう。