心がけ1つで腰痛が楽になる

姿勢を改善すれば腰痛も改善される

腰痛は原因不明のものがほとんどだといわれています。病気というわけではないけれど、腹筋や背筋などの筋肉の衰え、骨格の歪み、または血行不良による冷えなどが原因のものが多いのです。

姿勢を改善するだけで腰痛が治るというわけではありませんが、姿勢を良くすることで、ゆがみ矯正、筋力アップ、血行を良くするなどの効果を望むことは出来ます。ここでは基本の姿勢とデスクワークの際の座り方について説明します。

基本姿勢

正しい姿勢は首から腰にかけて背骨がS字カーブを描いています。確かめる方法は壁を背にして、頭、肩、お尻、かかとが壁についているか、腰の後ろに手のひらが入るかを確認してください。

この時、背中の隙間が大きい人は腰椎の湾曲が大きく、出っ尻になっているのでお腹を引っ込めて腹筋を意識しましょう。反対に背中に隙間がない人は猫背の可能性があるので気をつけましょう。

歩くときはその状態をキープして、少し顎を引いて、踵から歩きましょう。軽快にさっさと歩くと血流も良くなります。

座っている時の姿勢

まず、腰が立っているイメージで椅子に深く腰掛けましょう。その時にお尻のごつごつした坐骨が、きちんと座面についているかを確かめましょう。坐骨が座面にきちんと接していれば、自然と背筋も伸びるはずです。

もうひとつのポイントは、腰が痛い時に両手で腰をさするような手つきで、腰の筋肉を触ってみます。その時に筋肉が柔らかくふんわりしていたら正しい座り方です。どちらかに歪んでいたり、前後に体が倒れていると筋肉は少し緊張して硬くなってしまいます。

私たちは、毎日何回も立ったり座ったりしています。少し意識することで腰痛改善に役立てましょう。